失った歯はインプラントで治療ができる|インビザラインの矯正効果

重症化した虫歯の治療

診察券と歯ブラシ

兵庫の歯科では、歯に痛みが生じた人のために虫歯治療を行なっています。虫歯に掛かった状態といえば、多くの人は強い痛みや腫れが生じている状態を指していうものですが、自覚症状がない歯の表層が溶かされただけでも歯科に取ってみれば虫歯と診断できるものです。虫歯菌の侵食が表層だけに留まっていれば、フッ素塗布による再石灰化と、インレーによって患部を埋めることで安く簡単に治療ができます。しかし、痛みが生じるような症状となれば、虫歯菌の侵食も神経にまで届いていることが考えられるので、治療には時間と費用が掛かります。兵庫の歯科では、痛みが生じるほどの進行した虫歯へ根管治療を行ないます。歯の神経を取り除き、虫歯菌を殺菌する薬剤を詰めてインレーで塞ぐことで、虫歯治療を行なうのです。神経まで侵食された場合、放置すると耐え難い激痛が及ぼされるほか、菌によって膿が生じることもあるため、早めに取り除かなければなりません。兵庫の歯科では十分な麻酔治療によって痛みがない状態で取り除くので、負担なく治療を受けることができるでしょう。

虫歯や歯周病などの歯の病は、初期の状態では自覚症状もないので発見が難しい病です。特に歯周病は、進行すると歯が抜け落ちてしまうこともあるので、影響の少ない初期の状態で発見と治療を行なう必要があります。兵庫の歯科では、定期検診によって虫歯や歯周病のチェックを行なってくれます。歯科の目から見れば、歯のトラブルは一目瞭然であるためすぐに対処することができます。重症化すれば痛みなどの負担が掛かるほか、治療費による負担や長期に渡る通院によって、社会的な負担も大きくなるでしょう。定期検診によって歯の病を調べてもらうことで、効果的に歯のリスク回避を行なうことができるのです。